ポップ音楽ファンとしての個人的な歴史を100曲で振り返るシリーズPart.5

81. Get Ur Freak On/Missy Elliott (2001) 「これからみんなでめちゃくちゃ踊って、騒ごう騒ごう」という日本語の呼びかけから、まずはじまる。独特なリズムがとても印象的である。中毒性が高続きを読む “ポップ音楽ファンとしての個人的な歴史を100曲で振り返るシリーズPart.5”

ポップ音楽ファンとしての個人的な歴史を100曲で振り返るシリーズPart.4

61. September Gurls/Big Star (1974) 「Melody Maker」(というイギリスの音楽週刊紙がその昔あったのじゃよ)に再結成のタイミングで記事が載っていて、渋谷のFRISCO(というC続きを読む “ポップ音楽ファンとしての個人的な歴史を100曲で振り返るシリーズPart.4”

ポップ音楽ファンとしての個人的な歴史を100曲で振り返るシリーズPart.3

41. Sowing The Seeds Of Love/Tears For Fears (1989) 「ザ・ハーティング」「シャウト」と比べるとそれほど評価されていないような気がするし、その理由もなんとなく分かるのだが続きを読む “ポップ音楽ファンとしての個人的な歴史を100曲で振り返るシリーズPart.3”

ポップ音楽ファンとしての個人的な歴史を100曲で振り返るシリーズPart.2

21. 地球の片隅で(砂漠編)/近田春夫&ビブラトーンズ (1982) 休日にたまたまつけていたテレビでライブ映像を見て度肝を抜かれた曲。エレ・ポップとファンカラティーナと歌謡ポップスが一つになったような素敵すぎ続きを読む “ポップ音楽ファンとしての個人的な歴史を100曲で振り返るシリーズPart.2”

ポップ音楽ファンとしての個人的な歴史を100曲で振り返るシリーズPart.1

季節的に卒業や入学、別れや出会いとなっていてなんとなく節目的なことがやりたくなってきたので、唐突に個人的なポップ音楽ファンとしての歴史を100曲で振り返ってみたい。という訳で、これから私の個人的なポップ音楽ファンとしての続きを読む “ポップ音楽ファンとしての個人的な歴史を100曲で振り返るシリーズPart.1”

春を感じさせる日本のポップ・ソング・クロニクル 1977-2020

春なのでそれにちなんだ曲を聴くには絶好の季節ということで、個人的に好きな30曲を選び、発売日順に並べてみた。日本の場合、新学期が4月なので別れとか出会いとかそういう要素もあって、春をテーマにした曲が多かったりするのだが、続きを読む “春を感じさせる日本のポップ・ソング・クロニクル 1977-2020”

好きなロック・ソング・ベスト50

はい、そういう訳でございまして(流暢なだけでおもんないMCの口調で)、ロックは死んだのか死んでいないのか、はたまた一体、何がロックで何がそうではないのか、意見はいろいろあるとは思うのだが、それぞれの心の中に自分なりのロッ続きを読む “好きなロック・ソング・ベスト50”

The 50 Greatest Love Songs of All Time.

バレンタインデーが近い頃に昨年も別のところでやったような気がする、好きなラヴ・ソングを選んでランキングにしていくやつのアップデート版である。やはり個人的な趣味や嗜好が強く反映していて、客観的なものでは一切ない。しかも、い続きを読む “The 50 Greatest Love Songs of All Time.”