スロウタイ「TYRON」について

さて、スロウタイである。イギリスはノーサンプトン出身のラッパーで、2019年に発表したデビュー・アルバム「ナッシング・グレイト・アバウト・ブリテン」は全英アルバム・チャートで最高9位を記録し、マーキュリー賞にもノミネートされた。その授賞式のパフォーマンスでは冒頭で「ファック、ボリス!」と叫び、ボリス・ジョンソン首相の切断された首の模型のような物を持って、怒りをぶちまけていた。音楽的にはヒップホップにハウス・ミュージック等の要素を取り入れ、イギリスで特に人気が高いグライムにカテゴライズされ、イギリス国内における貧富の差の拡大やイギリスのEU離脱(ブレグジット)といった社会問題をテーマにした曲も目立つ。かぐてパンクロックやニュー・ウェイヴのアーティストが担っていた役割を、現在のイギリスではこの辺りのアーティストが継承しているような印象もある。というか、スロウタイの音楽そのものに、基本的にはグライムだけれどもパンクロックやニュー・ウェイヴ的なアティテュードが感じられたりもする。

そういったこともあり、スロウタイは2020年の「NMEアワーズ」で「ヒーロー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。当時の活躍と作品のクオリティーを考えれば、まったく納得の結果であった。ところが、この授賞式においてスロウタイはプレゼンターの女性プレゼンターにセクハラ的な言動をした挙げ句、ファンから野次が飛ぶと逆ギレして大暴れという事件を起こしてしまい、これがネットで炎上することになってしまった。

スロウタイはすぐに謝罪をして、相手の女性コメディアンも擁護したこともあって収まりはしたものの、これで印象がひじょうに悪くなったことは否めないだろう。スロウタイを支持する層には、性差別(セクシズム)にも厳しい目を向けるリベラル派がひじょうに多いとも思われるだけに、この影響は大きかったのではないだろうか。

というような経緯を経てリリースたのが今回の「TYRON」であり、スロウタイにとって2作目のアルバムとなる。タイトルはスロウタイの本名、タイロン・フランプトンから取られている。ちなみにスロウタイというアーティスト名は話し方がスローで訛っていたことから付いた子供の頃のあだ名に由来するという。

14曲入りで約35分、構成としては前半と後半とに分けられている。1曲毎がわりと短いのだが、全体の流れが良いのでブツ切り感は感じない。前半はハイテンションなエナジーが漲った曲が多く、前作の延長線上にあり、スロウタイの従来のパブリックイメージに忠実な印象を受ける。スケプタをフィーチャーした「キャンセルド」は自身の炎上体験をも踏まえ、キャンセルカルチャーに対する怒りを知的に爆発させているようでもある。スケプタの他にもエイサップ・ロッキー、ドミニク・ファイク、ジェイムス・ブレイクといった豪華ゲスト陣の起用というのもこのアルバムの目玉の一つだが適材適所という感じで、主役は常にスロウタイ自身である。

そして、後半においてはより内省的で自分自身の弱さのようなものを曝け出すような曲もある。ここにアルバムを前半と後半とに分けた意味があり、タイトルが本名から取った「TYRON」であることの必然性もあるのではないかという気がする。ラップと歌との中間のような表現方法を取っている曲も、それに相応しいと思える。

このアルバムの前半と後半では表現のタイプが異なってはいるが、いずれもスロウタイというかタイロン・フランプトンという人物の真実ではあるのだろう。不本意にも失態をおかしてしまった場合、火消し的な謝罪によって一刻も早く幕引きを図るというのも一つの正解ではあるかもしれないのだが、それと向き合い、反省をして、自分自身がより理想に近い人間に成長できるように努め、その結果としてアーティストとして作品のクオリティーも上げていける。このような確かに正論ではあるけれども、実際に行うのはなかなか難しいことをスロウタイはこのアルバムで行っているのであり、それが充実した作品にもあらわれているような気がする。

スロウタイをヒーロー視していたが、それだけに失望をして離れかけていたファンの心を取り戻すにはじゅうぶんなクオリティーを備えたアルバムだと感じるし、それはスロウタイ自身が自分自身を見つめ、過去を乗り越えていこうとする真摯な姿勢によるものだと思える。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。